3月下旬から長いところだとゴールデンウィークまで営業している札幌市内や近郊のスキー場。

11月下旬のオープンから約半年間のロングシーズンで楽しめる北海道のスキー/スノーボード!主要なスキー場の営業終了日とおすすめのスキー場についてまとめてみました。

北海道・札幌の旅行、お出かけに、2020年最後の滑り納め、春スキーを楽しんでみませんか?

2020年の滑り納め!スキー場はいつまでやってるの?

札幌市内・近郊のスキー場は例年5月上旬まで!

スキー・スノーボードが大好きな北海道民はもちろん、日本全国、近年では世界中からも愛好家が集まる札幌・近郊のスキー場。

例年、11月中旬頃から始まるスキーシーズンは、5月上旬まで楽しむことができますよ!

札幌市内・近郊のオープン&クローズ予定日まとめ

札幌市内・近郊のスキー場のオープン日、クローズ日をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

エリア スキー場 2019年オープン
(例年)
2020年クローズ
(例年)
札幌市内 サッポロテイネ 11/22
(11月下)

(5月上旬)
さっぽろばんけい
(12月上)

(3月下〜4月上)
札幌藻岩山スキー場 12/13予定
(12月上〜中)

(3月下)
札幌国際スキー場 11/22
(11月下)
5/10予定
(5月上)
小樽市 スノークルーズオーンズ 11/22
(11月下)
3/29予定
(3月下)
余市郡赤井川村 キロロリゾート 11/28予定
(11月下)

(5月上)
虻田郡喜茂別町 中山峠スキー場 11/17
(11月中)
5/10予定
(5月中)
虻田郡留寿都村 ルスツリゾート 11/23
(11月下)
4/5予定
(4月上)
虻田郡倶知安町 ニセコHANAZONOスキー場 12/7予定
(12月上)
4/5予定
(4月上)
ニセコグラン・ヒラフ 11/23
(11月下)
5/6予定
(5月上)
虻田郡ニセコ町 ニセコビレッジスキーリゾート 12/1予定
(12月上)
5/6予定
(5月上)
ニセコアンヌプリ国際スキー場 11/23
(11月下)

(5月上)
夕張市 マウントレースイスキーリゾート 12/7
(12月上)
4/5予定
(4月上)
勇払郡占冠村 星野リゾート トマムスキー場 12/1
(12月上)
4/5予定
(4月上)

※2019年11月現在

北海道ならスキーだってロングシーズン楽しめる!春スキーを満喫して

札幌・近郊のスキー滑り納めはGWまで!最終日は5連休の最終日5/6が多い様子

例年、札幌市内・近郊のスキー場での滑り納めはゴールデンウィークまで、と言われていて 、春スキーを楽しむ方には人気のシーズン。

最大16連休にもなる、とも言われている2020年のGWですが、札幌市内・近郊のスキー場では、5連休の最終日となる5/6(水)で営業終了としているところが多いですね。

人気スキーリゾートのニセコエリアでも、5/6までとなる予定です。

超大型で16連休!という方は5/10(日)まで休みを取ると思いますが、そこまで営業する予定のスキー場は「札幌国際スキー場」と「中山峠スキー場」の2箇所のみです。

天候によって、早めのクローズする可能性もあり!

スキー場がいつまで営業を続けられるかは、シーズン中の降雪/積雪量、そして気温の上昇と雪解けによって前後します。

札幌市が統計以来、最も遅い降雪になった2018-2019年のシーズンではオープンが遅れたスキー場もありましたね。

2019-2020年の今シーズンは、平年並みか高めの気温で雪も少な目という長期予報も出ていますので、もしGWでの春スキーを目的に北海道旅行を計画しているなら、GW前半の方が良いかも!

札幌市内・近郊のおすすめのスキー場5選!

市内、近郊で特におすすめののスキー場をセレクトしてみました!

札幌市内や近郊でアクセスが良く、観光やスキー/スノーボードが目的の旅行にもおすすめのスキー場をpikule.編集部がセレクト!

お出かけや旅行の参考にしてみて下さいね!

① ニセコビレッジスキーリゾート
■4つのスキー場が集まるニセコユナイテッドのひとつ「ニセコビレッジスキーリゾート」はパウダースノーの聖地!

北海道でスキー/スノーボードを楽しむなら極上のパウダースノーで!

近年、世界的にも注目されている「ニセコ」エリアにある4つのスキー場は、「ニセコ全山」の共通リフト券を購入すれば互いに行き来することが出来ますが、特に雪質と起伏に富んだコースで人気があるのが「ニセコビレッジ」です。

ここは中〜上級者向けのコースが多く、世界中から多くのスキーヤー/スノーボーダーが訪れる聖地。

ニセコへは札幌から、新千歳空港から共に車で約2時間。

スキー場から出ても、グルメや温泉、バーなど町全体が賑わっていて、まるで海外のスキーリゾートにやって来たかのような非日常を味わうことができるのも魅力的。

② 札幌藻岩山スキー場
■中心部からわずか30分!札幌市街を見下ろすゲレンデは眺望も魅力

札幌中心部から一番近いスキー場!車で僅か30分!

容易に日帰りができるため、冬の札幌観光で「ちょっとスキーもやってみたい」という観光客の姿も多いですね。スキーセットはもちろん、ウェアや帽子、グローブまでレンタルも充実しているので手ぶらでもOK!

市内では唯一、スノーボードが禁止されているスキー場なので、小さなお子さんのスキー練習にも安心して行くことができます。

コースは初心者向けのファミリーゲレンデや林間コースの他、上級者にも滑りごたえのあるコースまで幅広く、ここをホームグラウンドにしている市民スキーヤーも多いですよね。

③ スノークルーズオーンズ

札幌の隣、小樽にあるスキー場。

高速道路からのアクセスが良く、札樽自動車道「銭函IC」から5分という好立地!

ゴンドラが2機のみのこじんまりとしたゲレンデですが、初級〜上級までコースレベルは幅広く、ナイターは23:00と夜遅くまで営業しているので、仕事帰りのスキーヤー/ボーダーの姿も多いです。

これから趣味でスキー/ボードを始めたい!という大人の初心者にもおすすめのゲレンデです。

④ 札幌国際スキー場
■11月下旬〜5月上旬までロングシーズン楽しめる「札幌国際スキー場」は雪質の良さでも定評あり!

中心部から60分の好アクセスでパウダースノーを体感!そのサラサラとした雪質には定評があります。

内陸部にあり雪の量も多く、オープンは例年11月下旬と早めでGWまで営業しています。

これほど良質な雪と、半年間ものロングシーズン楽しめるスキー場が同じ市内にあるなんて、札幌ならでは!

札幌方面からの通り道には、人気温泉街の定山渓温泉があって、車で30分ほど。温泉に浸かりスキーの疲れを癒していくのもおすすめです!

⑤ マウントレースイ スキーリゾート
■新千歳空港から最近のスキーリゾート!設備も充実してして道外からのスキー旅行におすすめ

スキーやスノーボードに加え、温泉まで楽しめる「マウントレースイ」は北海道のスキーリゾートでも穴場的な存在。

施設も充実していて、温泉もあって、食事も高評価!しかも、新千歳空港から一番近いスキーリゾートなので冬の北海道観光にはぴったりですね。

スキー場の山の頂上まで行ける6人乗りゴンドラはホテル直結!温泉付きの立派なホテルは食事も豪華!

札幌圏からのアクセスも楽で車で1時間20分ほど。路面状況が悪くても2時間までかからなそう。峠道もないし、冬でも安心ですね。

初心者〜上級者まで楽しめる豊富なコースも魅力的なので、カップルはもちろん、小学生の子供がいる家庭なら子供のスキー練習をかねてスキー旅行もアリ、ですよね!