4月の下旬、津軽海峡を超えた桜前線が道南・函館に到達し、北海道でも桜のシーズンが始まります。

平年だとゴールデンウィーク頃が桜の見頃の北海道ですが、その地域や天候によっても前後します。2019年の桜開花状況をお知らせいたします!

北海道に春の知らせ、桜開花状況をお知らせいたします!

ソメイヨシノと北海道の桜

桜には様々な品種がありますが、有名なのはソメイヨシノ。淡い色合いの薄紅色が儚げで美しい、日本の桜の代名詞です。北海道でもソメイヨシノを見ることができ、札幌にもたくさん咲きますが寒さに強い品種ではありません。その北限は札幌から北に60km、美唄市の「東明公園」が群生する最北と言われています。

ソメイヨシノという品種は1本の木から接木で増えてきた、いわばクローン。ゆえに個体差がなく、一斉に咲くので桜の開花宣言の標本木として選定されています。

■桜の名所でもある札幌市中心部の中島公園に咲くエゾヤマザクラ。

一方で北海道ではエゾヤマザクラやチシマザクラが自生し、ソメイヨシノよりも鮮やかな紅色が美しい桜として有名です。北海道の桜の名所では、ソメイヨシノに加えこのエゾヤマザクラやチシマザクラが色彩りを添え、本州とは趣の異なる花見を楽しむことができるのです。

今年の開花予想日は?

今年の北海道各地の桜の開花日、満開日は何時頃になるでしょうか?以下の表にまとめてみましたので、お出かけのご参考にされてみてください。予想日は気象条件によって、随時更新いたします。

開花日(2018年値) 満開日(2018年値)
函館 4/25頃(4/30) 5/1頃(5/4)
札幌 4/30頃(5/3) 5/5頃(5/7)
室蘭 5/5頃(5/6) 5/10頃(5/11)
帯広 5/5頃(5/4) 5/5頃(5/7)
旭川 5/5頃(5/5) 5/5頃(5/7)
釧路 5/15頃(5/17) 5/20頃(5/20)

注:昨年値の出典は気象庁、開花予想日は当サイト独自によるものです。

道内各地の名所と見頃まとめ

函館・松前

■小樽市内、小樽港を望む高台にある手宮公園の桜
  • このエリアの例年の見頃:4月下旬〜5月上旬

道南の函館方面は、北海道でも最も早く春が訪れるエリア。

松前は北海道で唯一の城下町であり、北海道で最も早く桜が咲く町。「日本さくら名所100選」にも選ばれる「松前公園」は松前城天守閣後方に広がる緑地で、1万本もの桜が咲き乱れる全国屈指の桜の名所です。

同じく道南の函館には、観光名所としても有名な五稜郭は春には桜の名所に。約1600本の桜が咲き、多くの観光客で賑わいます。シーズン後半にはお堀の水面に浮かぶ桜の花びらも風情がある風景として人気です。

札幌・小樽

■小樽市内、小樽港を望む高台にある手宮公園の桜
  • このエリアの例年の見頃:5月上旬〜5月中旬

道南に続いて桜前線が到達するのが、道央件の札幌・近郊です。

札幌の桜といえば、「円山公園」や「北海道神宮」が有名。円山公園では花見のジンパ(ジンギスカンパーティー)を楽しむ多くの団体客で賑わいます。一方で、隣接する北海道神宮では1000本の桜が咲き、境内の風情ある景観はゆったりと花見が楽しめる名所。

隣町・小樽の「手宮公園」では小樽港を見下ろす高台の斜面にエゾヤマザクラやソメイヨシノなどが約690本が咲きます。晴れた日には、空と海の青さと桜のコントラストが美しい桜の名所です。

新ひだか町

  • このエリアの例年の見頃:5月上旬〜5月中旬

道央圏の太平洋側でも、平年だとGW頃に桜前線が到達します。

新ひだか町といえば、全国屈指の桜の名所でもある「二十間道路の桜並木」。約7kmの直線道路の両脇に2200本もの桜が咲く日本一の桜並木です。「日本さくら名所100選」として、春には全国から観光客が訪れます。「日本の道100選」、「北海道遺産」にも選ばれる見事な光景は圧巻。

桜の開花時期には「しずない桜まつり」が開催され、イベント広場では出店もあり、多くの観光客で賑わいます。