北海道の動物たちが描かれた、おしゃれなアニマルグッズを街で見かけたことありませんか?

それ、EZONIMAL(エゾニマル)かも!

最近、個性的なご当地グッズをおしゃれアイテムとして持つ人が増えていますね。カワいくって、友達にも自慢したくなるアイテムについてまとめてみました。

トートバッグにカンバッジ、クリアファイルetc…地元アニマル・グッズ「エゾニマル」がかわいい!

街で見かけた、あのアニマル・グッズ。それ、エゾニマルかも!

■最近人気のおしゃれご当地グッズ、北海道の「エゾニマル」がかわいい!

最近、地名がプリントされていたり、個性的なご当地グッズをおしゃれアイテムとして持つ人が増えていますね!

北海道にも様々なアイテムがありますが、ヒグマやエゾシカ、エゾリスなど北海道の動物たちが描かれた、カワいくっておしゃれなアニマルグッズを街で見かけたことありませんか?

それ、『エゾニマル』かも!

札幌市内の雑貨店や大型書店などでも販売されているので、目にしたことがある人も多いかもしれませんね。

普段使いにも、違和感なく溶け込んでかわいい!

■北海道に棲む動物たちを描いたアニマルグッズの「エゾニマル」は普段使いできる地元アイテム

北海道の動物たちが描かれていても、お土産物っぽくないので、地元民が地元アイテムとして使っても違和感がなく、おしゃれ。ラブリー過ぎないので性別も問いませんね。

さりげなく地元・北海道がアピールできちゃうアイテムになってますね!

作っているのは「ジモトート」で話題の「ジムニーワークス」さん

■話題になっている北海道90市町村の「ジモトート」を作っている「ジムニーワークス」さん

エゾニマルを作っているのは、北海道90市町村の地名がプリントされたトートバッグ「ジモトート」で話題のジムニーワークスさん。

道外に住む方へのプレゼントにも喜ばれそうな北海道アイテムもたくさんありますよ!

モチーフは北海道の「動物」×「方言」×「色」

さりげなく&ちょっぴり、北海道をアピール

『EZONIMAL』(エゾニマル)は、“エゾ(北海道)”と“アニマル”を合わせた造語。

繊細な描線ながらダイナミックで愛らしく描かれた動物たちは、ふわふわした毛並の感触まで伝わってきそう!

■「エゾニマル」で描かれる動物は全部で9種類!

“動物”たちは、北海道の“方言”から連想される姿で描かれていて、キタキツネなら「おっちゃんこ」している仕草だったり、ヒグマだったら「かっちゃく」仕草、エゾリスは松ぼっくりを「ばくる」っている様子が描かれているんですね。

それぞれの動物のロゴには、北海道の自然や動植物などから連想される”北海道天然色“のアースカラー調の色使いになっているので、普段使いもしやすいですね!

おすすめの『エゾニマル』のアイテム、まとめてみました!

トートバッグ&マルシェバッグ

where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_ogaru_1
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_ogaru_2
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_ogaru_3
人気なのはトートバッグとマルシェバッグ。

普段使いのトートとしても、お買い物のエコバッグとしてもかわいいですね!

トートはA4サイズがすっぽり収まる厚手のコットンで素材感もすてき。同じくコットンでちょっと薄手のマルシェバッグには動物たちの後ろ姿もプリントされてます。

缶バッジ&ステッカー、マグネット

where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_badge_2
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_badge_3
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_badge_1
鞄などにつけるとワンポイントになる缶バッジ。ステッカーはノートパソコンや旅行鞄につけてもカッコいいですね!

お気に入りの動物を探して選んでみて。マグネットはインテリアとして集めたくなっちゃうかも。

ポストカード&グリーティングカード、レターセット

where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_card_1
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_card_2
where-can-i-buy-cute-stationery-ezonimal-hokkaido-local-items-summary_card_3
北海道に棲む動物たちが描かれたポストカードやレターセットは、道外に住む大切な人に送っても喜ばれそう。

グリーティングカードの裏面には、ちょっとむっちりした動物の後ろ姿も描かれていてかわすぎますね!

コンサドーレにインスパイアされたシマフクロウのアイテムも

■シマフクロウが描かれた”かかさる”ノートには、コンサからインスパイアされたレッドでエゾニマルのロゴが入っています

エゾニマルには、北海道のサッカークラブ、コンサドーレにインスパイアされたアイテムも!

北海道だけに棲む、日本で最大フクロウである「シマフクロウ」はコンサドーレでのシンボルでもありますね!

カラーはクラブカラーでもある“赤”になっているんですよ。

他にも全9アニマル、十数アイテム以上をラインナップ!

■ステッカーやポストカード、缶バッジ、缶マグネットetc…どれもかわいい!

ヒグマやキタキツネ、エゾフクロウの他にも、オジロワシ、エゾシカ、エゾユキウサギ、エゾオコジョ、エゾリスの全9アニマルがラインナップ。

それぞれのイラストで、トートバッグやTシャツ、缶バッジ、ステッカー、レターセットなどさまざまなアイテムが揃っています。

お気に入りのアイテムを見つけてくださいね!

『エゾニマル』買えるのはここ!

「Futura – 赤れんがテラス店」に行ってみた!

■人気のカフェやランチスポットも多い“赤れんがテラス”の1FにあるFutura(フーチュラ)にはおしゃれ雑貨がたくさん!

人気のショッピングパーク「赤れんがテラス」の1Fにある『Futura(フーチュラ)赤れんがテラス店』は、おしゃれな雑貨や文房具などのセレクトショップ。

札幌駅や大通からも近いので、行きやすいですね!話題のグルメスポットも多いので、ぜひ立ち寄ってみて。

店内一角に北海道の“じもとアイテム”がたくさん!
■店内の北海道“じもとアイテム”が並ぶ一角にはエゾニマルのアイテムが!

店内には北海道の地元アイテムが揃う一角があって、そこにはエゾニマルのアイテムがたくさん!

トートバッグやマルシェバッグは普段使いの自分用に購入される方も多いそう。

ギフト/プレゼントにも喜ばれそうなグッズも
■グリーティングカードやメッセージカード、レターセットなど…プレゼントにも喜ばれそう!

プレゼントやギフトにも喜ばれそうなアイテムも。

グリーティングカードは中が無地になっていて、プレゼントにも添えやすいサイズ。8枚入りのレターセットには封筒とシール各1枚も入っていますよ。

サンプルもあるので、ぜひ手にとってみてみて。

Futura – 赤れんがテラス店
札幌市中央区北2条西4丁目1
  1. 営業時間 : 10:00 - 21:00
  2. 住所 : 札幌市中央区北2条西4丁目1
  3. TEL : 011-233-5507
  4. 札幌駅から徒歩2分、地下歩行空間(チカホ)直結

他にも、ロフトやルトロワで販売中

エゾニマルは、札幌駅の「ロフト」や大通りの「ルトロワ」、発寒のイオンにある書店「未来屋書店」でも販売されているそう。

もし見つけたら、ぜひ手にとってみては?

コーチャンフォーなら限定アイテムも!

■コーチャンフォーなら、ここでしか買えないA4サイズのクリアファイルも

道内各地にある大型書店の「コーチャンフォー」でも「エゾニマル」のアイテムを販売中!

しかも、コーチャンフォーでしか買えない限定アイテムの「クリアファイル」も。

アーティスト Azusa Okumura


エゾニマルのデザインを手がけているのは、イラストレーター/グラフィックデザイナーのAzusa Okumuraさん。

現在はオーストラリア・ブリスベンで活動されていますが、エゾニマルのブランド立ち上げ時には北海道に在住していたそう。

北海道愛を感じさせるデザインが魅力的ですね!

Azusa Okumura

京都出身 2016年より北海道へ
版画家の父の影響を受け幼い頃よりアートに触れて育つ
金沢美術工芸大学卒業後、数年間の会社生活ののち独立
カラーインク、ペン、筆を使い、近年は動物を中心に制作