ネオン輝く北海道最大の歓楽街、すすきので開催されるすすきの祭り。

17時から歩行者天国になるすすきのメインストリートに100件もの屋台が並び、たくさんの地元民や観光客で賑わう大人のお祭りです。

すすきのの夏の夜風にあたりながら、おいしいお酒と食べ物を楽しんでみませんか?

すすきのメインストリートが歩行者天国になり100件もの屋台が並ぶ

札幌すすきのの夏を彩る大人が楽しめる夜のお祭り

すすきのメインストリートである国道36号線との交差点(南5条)から南7条にかけての駅前通りとそこから東西に100件もの屋台が並ぶすすきの祭り。

出店するのはすすきの観光協会に所属する近隣の飲食店。ジンギスカンやラーメンなど人気の北海道グルメを始め、各店の名物、会場限定のグルメなどおいしいフード・ドリンクを提供するお店で溢れます。

■すすきの祭りの会場は路面電車の通る36号線を超えた有名なニッカの看板がある交差点から。

ゆっくり座って味わえるベンチ、テーブルが並ぶネオンの中、夏の夜風に当たりながら、たっぷりすすきのを楽しむことができますよ。

期間中には花魁道中、サンバカーニバル、神輿、YOSAKOIなどイベントも盛りだくさんです。

屋台が並ぶのは17:00 – 22:30まで、歩行者天国の交通規制は16:30 – 24:00に行われます。

イベント概要

1965年に開催されて以来、毎年開催されるすすきのの夏を彩る「すすきの祭り」。2019年で54回目を迎えます。

すすきの祭り
  1. 開催時期 : 2019/08/01 - 2019/08/03
  2. 開催時間 : 17:00 - 22:30
  3. 開催場所 : 札幌 すすきの
  4. 料金 : 入場は無料
  5. その他 : その他開催中のイベント時間は以下記事参照
札幌 すすきの

見所のイベントの詳細スケジュール

花魁道中

すすきの祭りで最大の見所、目玉はなんといっても「花魁道中」。毎年、公募で選ばれる夢千代太夫と佳津乃太夫役の花魁が新造を伴いながら、すすきのの街を歩きます。

高下駄をはき美しく着飾った花魁の姿に、男性ならずとも目を奪われますね。

  • 8月1日(木)20:00 (豊川稲荷前20時スタート予定)

札幌・すすきのサンバカーニバル

今年から始まる「第1回 札幌・すすきのサンバカーニバル」。市民からの参加もある賑やかなサンバチームが札幌四番街とすすきの会場でカーニバルを行います。

  • 8月2日(金)17:00 – 20:00(すすきの会場)
  • 8月3日(土)14:00 – 16:30(札幌四番街会場)
  • 8月3日(土)18:00 – 20:30(すすきの会場)

女衆みこし

今年から始まる「女衆みこし」にも注目です!女性がメインとなって担ぐ神輿がラフィラからスタート!

  • 8月3日(土)17:00 – 17:45 ススキノラフィラ前からスタート

すすきのナイトフィーバー

すすきの祭りのフィナーレを飾るのが恒例のナイトフィーバーです。すすきの祭りの参加者が一体となって踊り、会場が巨大なディスコになります!

  • 8月3日(土)21:30〜

すすきのの歴史

今や東京以北最大の歓楽街、アジア最北の歓楽街・繁華街とも言われる「すすきの」。

日々多くの人が行き交うすすきのは、地元民はもちろん、多くの観光客にも人気のスポットですね。

無数の飲食店が立ち並び、北海道名物のジンギスカンやラーメン、お寿司、スープカレー、札幌の美味しいビール・お酒はもちろん、各店の趣向を凝らしたフード・ドリンクが多くの人を惹きつけています。

そんなすすきのの発祥は、北海道の開拓時代に遡ります。明治初期、開拓に請負人・大工・職人・人夫など多くの人材が北海道に入り、その人々を目当てに花街が形成され、のちに現在の南4,5条西3,4丁目の区画が遊郭として整備されたことに始まります。

戦後にはキャバレーやバー、ダンスホールが誕生し、現在のすすきのの礎を築き、時代の変化に伴いながら発展してきました。

今では大人の社交場であるだけでなく、広く地元民にとっても憩いの場としても親しまれるすすきの。

その歴史にも思いを馳せながら、あらためてすすきのの夜を楽しんでみるのもいいですね。