毎年たくさんの雪が降って、ちょっとくらいの大雪には慣れっこの北海道民。

東京で雪が降って大混乱しているニュースをみると「それくらいで騒いでるの?!」なんて、ついつい思ってしまいますね。

でもそれ、「北から目線」の「雪国マウント」になっちゃってるかもしれませんよ!

道民あるある!?もしかして「雪は北海道しか降らない」と思ってない?

あなたも知らず知らずに「雪国マウント」しちゃってませんか?

■ 札幌市・赤れんが庁舎に積もった雪

毎年、イヤというほどたくさんの雪を経験している北海道民。

「東京で大雪!6cmの積雪」
「東京に大雪警報!積雪でダイヤ混乱」
「スリップで立ち往生、事故多発」

ーーというニュースをみると「え、それくらいの雪で騒いでるの?!」なんて思ったりしてませんか?

それ、道外の人からは『北から目線』の『雪国マウント』と受け取られてしまうかもしれませんよ!

雪が降るのは北海道だけじゃない!降らないのは沖縄だけ!

■ 2022年1月 大雪が降った翌日の東京駅

もしかして、「雪は北海道しか降らない」と思っていませんか?

なんとなく「雪=北国」というイメージから、雪は北海道だけ!と思ってたとしたら、それは大まちがいです。

たしかに北海道は全国でも有数の豪雪地帯ですが、本州では東北はもちろん西日本でも雪が降り積もる地域はたくさんありますし、南国のイメージが強い九州でも雪は降ります。

実は、気象庁の観測データによると、雪が降らない地域は全国でも沖縄県だけなんですよ!

全国47都道府県所在地の年間雪日数と最大積雪深

気象庁の過去の観測データより、全国の47都道府県庁所在地の年間積雪日数の平年値と年間における最深積雪の平年値をまとめ、雪日数が多い順にランキングしてみました。

ちなみに「雪日数」とは、雪やみぞれなどが観測された日数で、「最深積雪」は期間内における積雪の最大値のこと。

なお、埼玉県と滋賀県は県庁所在地に気象台がないため、それぞれ気象台がある熊谷市と彦根市の観測データで、東京都は千代田区の観測データとしています。

都道府県 観測地 雪日数(日) 最深積雪(cm)
北海道 札幌市 124 97
青森県 青森市 120 101
岩手県 盛岡市 111 36
秋田県 秋田市 109 37
山形県 山形市 106 51
福島県 福島市 87 26
長野県 長野市 86 33
石川県 金沢市 74 32
富山県 富山市 72 51
新潟県 新潟市 70 32
福井県 福井市 69 48
宮城県 仙台市 66 16
鳥取県 鳥取市 55 37
島根県 松江市 51 20
滋賀県 彦根市 49 26
京都府 京都市 45 7
山口県 山口市 41 9
奈良県 奈良市 34 3
岐阜県 岐阜市 33 15
三重県 津市 27 4
兵庫県 神戸市 27 1
群馬県 前橋市 26 11
和歌山県 和歌山市 25 1
栃木県 宇都宮市 24 9
岡山県 岡山市 24 1
茨城県 水戸市 22 7
広島県 広島市 22 5
佐賀県 佐賀市 22 3
山梨県 甲府市 19 15
長崎県 長崎市 19 3
徳島県 徳島市 19 1
埼玉県 熊谷市 18 9
神奈川県 横浜市 18 7
千葉県 千葉市 18 5
熊本県 熊本市 18 1
愛媛県 松山市 18 0
大分県 大分市 17 1
福岡県 福岡市 16 2
愛知県 名古屋市 15 8
大阪府 大阪市 14 1
香川県 高松市 13 1
高知県 高知市 10 1
東京都 千代田区 9 6
鹿児島県 鹿児島市 5 3
静岡県 静岡市 4 0
宮崎県 宮崎市 4 0
沖縄県 那覇市 0 0

※全国47都道府県庁所在地(埼玉県は熊谷市、東京都は千代田区、滋賀県は彦根市)の気象庁過去の気象データの平年値(1991〜2020年)より、小数点以下四捨五入の数値

年間の雪日数ゼロは全国で「沖縄」だけ!
■ 全国の都道府県庁所在地にある気象台で雪日数がゼロなのは那覇市だけ!

気象庁の観測データによると、年間で雪が降る日数がゼロの都道府県庁所在地は、なんと沖縄県の那覇市だけ!

南国のイメージが強い九州でさえ雪は降っていて、年間で数日の雪日数があります。とはいっても、さすがに札幌のようにフワフワした雪が毎日降り続くわけではなく、ほとんどは雨に湿った雪がまじった“みぞれ”で稀に積もったとしても1〜3cmほど。

それでも、沖縄以外の都道府県では年間で少なくても数日は雪が降っているということは、北海道民には意外に感じる方も多いのではないでしょうか。

雪は降ってもほとんど積もらない東京・大阪
■ 東京・吹雪の中で走るJR山手線

東京や大阪といった本州の太平洋側にある大都市は、日本全国でみてもとても雪が少ない地域です。

大阪市では平年値で年間14日の雪日数がありますが、最深積雪の平年値はわずか1cm。東京都の雪日数は年間でわずか9日間です。

これらの地域ではほとんど雪が降ることはなく、豪雪地帯にある札幌のような都市とは異なり、雪への備えは脆弱です。

■ 雪が積もった大阪市・大阪城

人々は滑りやすい道を歩くことに慣れていませんし、スタッドレスなどの冬タイヤを装着している車も少ないです。鉄道においても、北国にあるような除雪車両の配備はなく、線路の分岐器に雪が付着したり凍結で作動しなくなることを防ぐヒーターや融雪の設備は十分ではありません。

ほとんど雪は降らないけど全く降らないこともない、という地域だからこそ、稀に雪が積もったりすると転んで怪我をしてしまったり、自動車の事故、鉄道ダイヤの乱れや運休など、さまざまな場面で混乱をきたしてしまうのですね。

それでもやっぱり札幌はめちゃくちゃ雪が多い!

■ 町中が白く染まった冬の札幌市の大通公園と中心部

雪は北国だけの特別なものではなく沖縄以外の日本全ての地域で降りますが、全国でいちばん雪日数が多いは、やっぱり北海道の札幌市です。

札幌市では例年で約6mもの降雪量があり、実は人口100万人以上の大都市でこれほど雪が降るのは世界中を探しても札幌市しかありません。

それゆえ、札幌市では雪に備えた街づくりがされていて、雪の影響を受けない地下鉄を中心とした都市交通や地下街が発達しています。市電(路面電車)やバスも、道路の除雪/排雪作業が昼夜を問わず行われているので、多少の時間遅れはあっても運休してしまうなど交通が麻痺するようなことは稀です。

■ 路面電車の線路を除雪する“ささら電車”は札幌の冬の風物詩

これほど雪が多いからこそ、雪に強い札幌市。一方で、台風はめったに来ないので、集中豪雨や暴風への備えは脆弱な一面もあります。

“北から目線”の“雪国マウント”だけでなく、雪に慣れていない地域で大雪が降った時には、思いやりの気持ちも持ちたいですね。