くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、目が痒くなる、充血しているなど花粉症の症状は様々ですが、ある季節になると毎年この症状がでる、という方も多いのではないでしょうか。

「北海道には花粉症がない、北海道に来たら花粉症が治った!」

という話も聞きますが、実際には北海道でも花粉症に悩まされている人も多いですね。

では、北海道における花粉症とは、どういったものなのでしょうか?

多くの人を悩ませる「花粉症」、北海道に来ると治る?!

花粉症とは?

花粉症とは草花の花粉が鼻や目の粘膜について起きるアレルギー症状です。

主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎と、目のかゆみや充血などのアレルギー性結膜炎、喉に症状が出るアレルギー性咽喉頭炎に分類されます。

原因となる植物は、スギやヒノキ、ブタクサやイネ科の植物、シラカバ、よもぎと様々です。

「北海道に花粉症がない」のホントとウソ

実に日本人の4人に1人が花粉症と言われる現代。日本中で花粉症に悩まされる人がたくさんいます。

もちろん、北海道でも花粉症に悩まされている方は多いですね。

でも、「北海道には花粉症がない」、「北海道に来て花粉症が治った!」、なんて話も良く聞きますね。

これは、ホントでもあり、ウソでもあります。

日本人の多くはスギ花粉症

■日本人を悩ませるスギ花粉。本州では毎年、2月から4月頃にかけてスギ花粉が飛散する。

花粉症は多くの植物が原因となりますが、日本人に最も多いのがスギ花粉によるものといわれています。特に関東、東京においては人口の半数が花粉症とされる報告もあり、その多くがスギ花粉によるものです。毎年、2月〜4月頃にかけてスギ花粉が飛散し、それにより多くの人が花粉症を発症し、悩まされています。

では、北海道ではどうでしょうか?

北海道には、スギがほとんど自生しておらず、スギがあるのは道南の函館周辺の一部だけ。なので、北海道ではスギによる花粉症は稀なのです。

本州のスギ花粉症の方が北海道に来て「花粉症が治った!」という方もいますが、これはある意味ホント、と言えます。しかし、スギがない北海道では花粉症が発症しないだけで治ったわけではありませんので、その点は注意が必要ですね。

北海道に多いのはシラカバの花粉症

■北海道で多いのは、白樺による花粉症

スギがない北海道にも、花粉症に悩まされている方が多くいます。北海道で特に多いのは、シラカバによる花粉症です。

シラカバは白く美しい樹皮が特徴の木で、広大な大地によく似合う北海道を象徴する樹木です。北海道に住んでいるとあちらこちらで目にする機会がある木ですね。

北海道民には馴染み深いシラカバの木ですが、その花となるとピンとこない方も多いですね。シラカバの花は、春になると枝から3〜5cm垂れている黄色や黄土色っぽいものが雄花で、風に吹かれ揺れると花粉を飛ばします。例年、4月下旬から5月いっぱいがシラカバ花粉のシーズンです。

北海道、季節毎の花粉症

本州に多いスギ花粉がない北海道ですが、北海道民を悩ませる花粉症はシラカバのものが多いようです。しかし、以前はシラカバ花粉よりもイネ科植物の牧草花粉症が多かったそうです。北海道ではその他にもヨモギの花粉症の方もいますね。

それぞれの花粉症のピークは季節によっても異なります。

北海道・春の花粉症

4月〜5月 : シラカバ花粉

北海道の花粉症で最も多いのがシラカバ花粉によるもの。

シラカバは例年4月下旬〜5月いっぱいが花粉飛散のピークです。特に2018年は飛散量が多く、悩まされた方も多かったのでは?

またシラカバ花粉症の方は、リンゴやサクランボ、桃などバラ科の果物を食べた時に口の中や喉が痒くなるアレルギーも持っている方が多いようです。これらの果物を食べた時に違和感を感じた方は、シラカバの花粉症を持っている可能性が高いそうです。

北海道・夏の花粉症

5月中旬〜7月 : イネ科花粉

イネ科の花粉症の原因となる植物は、オーチャードグラスやチモシー、イタリアンライグラスなどがあります。名前を聞いてもピンときませんが、これらは牧草として北海道にはよく生えている植物です。

これらはいずれも5月中旬〜7月いっぱいが花粉飛散のシーズンで共通しています。

以前の北海道では、シラカバよりもイネ科の花粉症に悩まされる方が多かったそうです。

北海道・秋の花粉症

8月中旬〜9月中旬 : ヨモギ花粉

ヨモギも北海道にはよく自生している植物。公園や雑草の中にヨモギを見かけることも多くありますね。

ヨモギはキク科の植物で、本州では同じキク科のブタクサが原因となることが多いようですが、北海道ではブタクサが原因となることは少ないようです。

ヨモギの場合、8月中旬〜9月中旬が花粉飛散のピークです。

花粉症の予防と対策

花粉症に悩まされている方は、普段からマスクをしている方も多いですね。実験的にもマスクは効果的とされているようですし、湿ったガーゼなどを挟むとより効果的な様です。

目に症状が現れる方も、メガネをすると軽減される様です。最近では花粉症対策のメガネも販売されています。普段コンタクトレンズを着用している方は、レンズと目の間に花粉が入ってしまうことがある様なので、メガネに変えた方が良いですね。

■メガネやマスクを使用すると、花粉症にも一定の効果が。アレルギーの原因がわかれば薬で症状を抑えることも。

また、花粉症は症状が現れる前から抗アレルギーの薬を服用することで予防ができたり症状を抑えることができるようです。

耳鼻咽喉科など専門医に相談し、自分の花粉症の原因が何によるものなのか特定してもらうと、原因となる植物が多い場所を避けるなどの予防ができたり、原因にあった薬の処方を受けることができますのでおすすめです。