北海道民ならみんな大好きなセイコーマート!

値段が安くって品質も良いオリジナル商品をはじめ、店内で調理されるホットシェフのお弁当など、日常的に利用している方も多いですよね。

そんな中、最近になって取り扱いが始まった「PALM(パーム)」というビールが旨い!という話をよく聞くので、早速飲んでみました!

セーコマで売ってるベルギービールがクラフトビールみたいで旨い!

ビールにワイン、オリジナルのサワーまで!お酒が豊富なセイコーマート

■セイコーマートはお酒の取り扱いも豊富な北海道のローカルコンビニチェーン

セイコーマートは北海道ローカルのコンビニエンスストアチェーン。

道内に1,000軒を超える店舗があって、道民にとってなくてはならない存在であるだけでなく、顧客満足度では全国区の名だたる有名コンビニチェーンを抑え2016年度から連続して1位に!

もともと酒販店から転業した店舗が多く、直輸入されたワインやオリジナルのサワーなど、お酒の取り扱いも豊富ですよね!

「PALM パームビール」とは?
■巷で「旨い」という話をよく聞く本格ベルギービールのパーム

そんなセイコーマートで2020年7月から取り扱いが始まったのが「パームビール」。

PALMの文字と馬とヤシが描かれたロゴ、そして深緑色のデザインは、日本のビールにはないちょっとおしゃれな印象ですね。

1747年からビールを製造し270年以上の伝統を誇る“パーム醸造所”で作られている本格ベルギービールで、お酒の取り扱いがあるセイコーマートの全店と、ハセガワストアやタイエー、ハマナスクラブでも販売されていますよ!

セーコマといえば「オランダモルト」でしょ!
■もはやセーコマの大定番となったオランダモルト

セーコマで売ってるビールといえば、これまでにも「オランダモルト39」がありますよねー。

ただし、オランダモルトは正確にはビールではなく、いわゆる“第三・第四のビール”や“新ジャンル”にあたるもの。酒税の違いから本物のビールよりも価格が抑えられ、「麦とホップ(サッポロ)」や「金麦(サントリー)」など大手メーカーからも多数発売されています。

オランダモルトは2018年7月に販売が開始されて、98円という価格とその美味しさから想定を上回る売れ行きにわずか1ヶ月で一時販売休止になるほどの人気で話題になりました。

“ホテル?トリバゴ”でおなじみのナタリー・エモンズさんが出演していたCMも記憶に新しいですね。

「パームビール」と「オランダモルト39」の比較まとめ

パームビール オランダモルト 39
酒税法上の区分 ビール リキュール(発泡性)①
アルコール度数 4.5%以上 5.5%未満 4.6%
内容量 330ml 330ml
原産国 ベルギー オランダ
発売日 2020年7月 2018年7月
価格 165円(税抜) 98円(税抜)

※北海道地区の店舗での価格

パームビールとオランダモルトを飲み比べ!どっちが旨い?

■左の琥珀色がパーム、右の黄金色がオランダモルト

周りでも“かなり旨い!”という声が多いパームビールを早速飲んでみました!

ホットシェフや100円パスタなどおつまみも買い込んで、せっかくなのでオランダモルトとの飲み比べにもチャレンジ!

まず、グラスに注いでそれぞれの色合いを見てみると、その違いはかなりはっきりしています。

オランダモルトは国産ビールで一般的ないわゆるラガービールのような黄金色。一方のオランダモルトはプレミアムビールやクラフトビールでよく見かけるきれいな琥珀色です。

スッキリした喉ゴシでグビグビいけちゃう「オランダモルト」はさすが!
■コンビニのホットスナックとしては驚異的な美味しさのホットシェフはお酒のアテにもぴったり!

一口ずつ飲んでみると、さすがオランダモルトは安定のスッキリ感!

麦の香りを楽しみながら程よい苦味が心地よく、喉を鳴らしながらグビグビと飲めちゃう感じ。発売以来ずっと人気を維持し続けているというのも頷けますね。

ホットシェフの“フライドチキン”はコンビニのホットスナックのレベルを完全に越えちゃってる人気の商品ですが、これをアテに飲むと最高ーッ!

やはりオランダモルトにはちょっぴ濃いめの味付けでスパイスが効いた料理がとってもよく合います!

クラフトビールのようなフルーティーさを楽しめる「パームビール」はちょっぴり贅沢気分?
■100円パスタのカルボナーラとパームの組み合わせは大当たり!

一方のパームビールを飲んでみた印象は、国産ビールとは一線を画すフルーティーで芳醇なコク旨系。

スッキリ喉ゴシ系のビールに慣れている方だと、もしかしたら最初は意表をつかれるかもしれませんが、最近流行りのクラフトビールだったりIPAと聞いてピンとくる方にはかなりハマりそう!

それもそのはず、このビールは日本に多い上面発酵のラガービールではなく、クラフトビールに多い下面発酵のエールビールに分類される製法で作られているそう。

この値段でこの完成度…スゴイです!ゆっくり味わいたい時やちょっぴり贅沢気分で飲みたい時にもぴったりですね。

後味はスッキリしているのでどんな料理にも合いそうなのですが、個人的には濃いめの味付けのものより、さっぱりした塩味の“フライドポテト”の方がこのビールの美味しさを引き立ててくれるような気がしました。

■100円ちょっとで食べられるパスタのシリーズもアテにぴったり!

セーコマといえばご存知“100円パスタ”も人気!

個人的に大好きなのが“トマトソース”と“カルボナーラ”なのですが、パームビールにはカルボナーラの方がより合っている気がしました。

やはり、濃いめの味付けだったりスパイスが入った複雑な味のものより、シンプルな味付けの方が良さそう。

セーコマで色んなおつまみを探しながら、気分に合わせてオランダモルトとパームを選んで飲むのは楽しですよ!ぜひお試しを。