手軽に調理ができて美味しい、インスタントラーメン。

特にリーズナブルな袋麺は一人暮らしの方はもちろん、いまや家庭の味として日常的にお世話になっている方も多いですよね。

そんな中、50年以上に渡って親しまれているのが「サッポロ一番」のシリーズ。きっと誰しも1度は食べたことがあるのでは?!

インスタント麺の定番「サッポロ一番」の美味しさの秘密

サッポロ一番とは?

■インスタント袋麺の大定番!国民食といえるほど親しまれているサッポロ一番

インスタント袋麺の定番「サッポロ一番」は群馬県で創業されたサンヨー食品の人気シリーズ商品。

全国のラーメンを食べ歩き、札幌で出会ったしょうゆラーメンに着想を得て、1966年に発売されたのがシリーズ第一弾となった「サッポロ一番しょうゆ味」です。

その後1968年に「みそラーメン」、1971年には「塩ラーメン」が発売になり、いまや国民食とも言えるほど親しまれる存在ですね。

サッポロ一番みそラーメンのモデルになったお店は実在する!?

そんなサッポロ一番みそラーメンには、モデルとなったお店が実在するのを知っていますか?

当時、まだ全国的に知られていなかった札幌の味噌ラーメンを「サッポロ一番」のシリーズとして商品化する際に味のモデルとされたのが、元祖・札幌味噌ラーメンの店として知られる「味の三平」というお店なんです。

このお店はいまでも存在していて、行列のできる超人気店なんですよ!

札幌ラーメン発祥の店「味の三平」
■サッポロ一番のモデルになった味噌ラーメンの元祖「味の三平」

「味の三平」は、初代店主の故・大宮守人(おおおみやもりと)氏が味噌汁をヒントに考案した味噌ラーメン発祥のお店。

サンヨー食品の当時社長であった故・井田毅氏が訪れ、後に「サッポロ一番」のモデルとしたのが、かつてすすきのに店を構えていた「味の三平」でした。

現在は大通公園近くにある文房具店のビルの4階に場所を移し、代々受け継がれる味を求めて、古くからの常連客や地元民で賑わっています。

また、観光ガイドブックでも“元祖・札幌味噌ラーメンの店”として必ずと言っていいほど紹介され、多くの観光客も訪れる行列必死の超人気店です。

札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4F
  1. 営業時間 : 11:00 - 18:30
  2. 住所 : 札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4F
  3. TEL : 011-231-0377
  4. 休業日:毎週月曜、第二火曜(時期によって不定休あり)
これが元祖の味!「味の三平」のみそラーメン
■やさしい味わいでほっこりする味の三平の味噌ラーメン

様々な試行錯誤を経て生み出された、「味の三平」のみそラーメン。

中華鍋で野菜とニンニクをラードで炒め、麺は多加水の熟成ちぢれ麺・・・という王道のスタイルは元祖によってすでに完成されています。

その味は驚くほどすっきりとしていて、近年の主流になっている濃厚でこってりとした味噌ラーメンとは一線を画するシンプルなもの。

熱々のスープを一口すすると、ほっこり温まる優しい味わい。

これが元祖・味噌ラーメンの味なんですね!

長く愛される、普遍的な味

■これほど親しまれているインスタント袋麺の理由とは?

全国のラーメンを食べ歩き、「サッポロ一番」の開発に携わったサンヨー食品の社長(当時)の故・井田毅は、味の三平のラーメンを「味の芸術品」と評しています

毎日でも食べたくなるような、味の三平のみそラーメン。

「サッポロ一番みそラーメン」は「味の三平」をモデルしていますが、最近の人気ラーメン店の名を冠するカップラーメンやインスタント麺の様に、ラーメン店自身が監修していたり、味の再現を目指したものではありません。

むしろ、「味の三平」の味を“普遍的な理想の味”としてモデルにしたのではないでしょうか。

だからこそ、「サッポロ一番みそラーメン」はこれほど長い年月多くの人々に愛されているのかもしれませんね。

※2001年1月24日放送の日本テレビ系列の「知ってるつもり?!」番組内より

日本のラーメン史に刻まれる「サッポロ一番」と「味の三平」

■その名をラーメン史に刻む名店、お昼時や観光シーズンには行列必至!

札幌味噌ラーメンの元祖であると同時に、人気インスタント袋麺のモデルにもなった「味の三平」は、日本のラーメン史に名を刻む名店であることは言うまでもありません。

一方で、インスタント麺の「サッポロ一番」も、ラーメン史において重要な役割を果たしました。

「味の三平」が屋台でラーメンを作り始めたのは、戦後すぐの1948(昭和23)年。

翌年にはすすきのに店を構え、1954(昭和29)年に味噌汁にヒントを得て考案された「味噌味メン」がはじめてメニュー載ったと言われています。

その後、1960年代には“味噌ラーメン”は市内他店にも広がり、評判になっていたそうです。

サンヨー食品の当時専務(後に社長)であった故・井田毅氏が札幌で「味の三平」に出会うのはこの頃。

後の1968(昭和48)年に「サッポロ一番みそラーメン」を発売します。

まだまだ札幌だけで食べられていた「味噌ラーメン」を「札幌」の地名とともに全国に広げ、札幌=味噌ラーメンのイメージを一気に定着させたのは、「サッポロ一番みそラーメン」だったんですね!