札幌の大学・専門学校へ進学するのに、一人暮らしをするとしたら、生活費にいくらくらいかかるのでしょうか?

家賃の相場、光熱費や食費はどれくらい?親の仕送りの相場、アルバイトや奨学金で生活費を賄うことは可能か…

これから一人暮らしを考えている学生の皆さん、その親御さん、それぞれの視点で、知っておきたいこと『お金』について、まとめてみました。

大学・専門学校へ進学!札幌で一人暮らしするといくらかかる?

ワクワク・ドキドキの「一人暮らし」、その前に知っておいて欲しい『お金』のこと

札幌への進学を考えていたり、すでに札幌への進学が決まっている皆さんは「初めての一人暮らし」、考えただけでもワクワクしますよね!

でも、避けては通れないのは『お金』の話。

奨学金や自分でアルバイトして…と考えていても、とてもそれだけではまかないきれない程、一人暮らしにはお金が必要なんですよ。

親にとっては心配が尽きない、子供の一人暮らし。金銭面の不安も。

親御さんにとっては、お子さんが札幌へ進学で一人暮らしするとなったら、“ご飯は食べられるか”、“体を壊さないか”、“万が一のことがあったら”…なんて、心配は尽きませんよね。

そして現実問題、仕送りや生活費の援助など、いったいどれくらいの費用がかかるのか、金銭面での不安もありますよね。

札幌での一人暮らしを始める前に、知っておきたい『お金』についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

札幌で学生の一人暮らし、いくらかかる?

1ヶ月にかかる生活費の目安は10万円!

学生の札幌での一人暮らしに必要な生活費は、10万円ほど。

その内訳は、

  • 家賃:30,000円〜50,000円
  • 水道/光熱費:10,000円〜15,000円
  • 食費:20,000円〜30,000円
  • 通信費(携帯代):5,000円〜8,000円
  • お小遣い:20,000円〜30,000円

ーーといったところ。

札幌の物価は本州の都市と比較してもあまり差がない全国並みですが、家賃は安い傾向にあります。

この家賃の低さは、進学先を本州の大都市や首都圏と迷っている場合、大きなメリットになるかもしれませんね。

道内からの進学なら、帰省時の交通費も安価ですし、道外からの場合も、最近ではLCCなど格安航空券も多いので、札幌への進学は金銭面でもおすすめです。

生活費の詳細について

① 家賃

学生の一人暮らしならワンルームで十分!家賃の目安は札幌だと30,000円〜50,000円。

3万円台で検討する学生が多いですよ。

この場合、バス・トイレ・洗面がまとまった3点ユニットバスが主流です。

札幌市内の大学の付近には学生向け物件も多く、家賃も低めで通学も徒歩圏。ただし、良い条件の物件には限りがあります。合格後、すぐに部屋探しを始めた方が良いですね。

中心部や繁華街にある大学・専門学校の場合、近隣で部屋を探すのは難しいかも。その場合は、通学のしやすさと交通費、家賃を総合的に考えて探しましょう。

女の子の場合、オートロックやカメラ付きインターホンなどセキュリティがしっかりした所がおすすめですが、家賃はやや高くなる傾向があります。

また、冬場の暖房が必要な札幌の場合、都市ガス・プロパンガス・灯油など、物件の燃料が重要。しっかり確認してくださいね!

② 水道/光熱費

冬場の暖房が必要な札幌の場合、その燃料によって光熱費が大きく変動します。

おすすめは“都市ガス”で、最も安価で暖房と給湯を含めて月5,000円前後ですが、家賃も高くなりやすい傾向があります。

“プロパンガス”だと家賃は安い物件が多いですが、暖房を使う月にはガス代だけで10,000円を超える場合もありますね。

電気代は月5,000円〜6,000円、水道代は札幌市の場合は2ヶ月に1回の支払いで5,000円程が標準的です。

③ 食費

自炊でうまくやりくりしても、食費は最低でも20,000円は必要です。

外食が多い場合だとさらに高くなる傾向があって35,000円〜40,000円まで跳ね上がる場合もあります。

節約のためにカップラーメンやコンビニ弁当ばかりだと健康面での不安も。ワンコイン以下でバランスのとれた食事を提供してくれる“学食”がある学校なら、積極的に活用するのがおすすめですよ。

④ 通信費

主に携帯電話の料金になるのが通信費です。

スマートホンの料金は契約内容や機種によっても変動しますので、一人暮らしが始まる前に契約プランの見直しなどをしておいた方が良さそう。

また、別途インターネット回線を引き込むと+5,000円ほどかかります。

大学生の場合、勉強や卒論で自宅でもインターネットでの調べごとが必要になることも多いので、要チェックです。

また、最近ではインターネット回線が初めからついている物件もありますよ。

⑤ お小遣い

友人との交際や衣類、趣味などに使うお金として「お小遣い」も必要ですね。

学生の一人暮らしで贅沢をする必要はありませんが、学生時代の友人との関係は一生の宝物。また、さまざまな経験を通して社会勉強にもなります。

節約のために家に閉じこもって、家と学校の往復だけになってしまっては、大切な学生時代に、学校外で学ぶべきことも学べません。

必要最低限のお小遣いは持っておくべきです。

目安は20,000円〜30,000円です。

生活費はどうやって賄う?

頑張ってアルバイトする!札幌の平均時給は930円〜

意外とかかる、一人暮らしの生活費。

その費用はどうやって賄いますか?

親からの仕送りや援助、奨学金を受けることができても、自分でアルバイトをして賄うことが必要になる場合も多く、またアルバイトが良い社会経験になることもあります。

札幌の平均的な時給は930円〜で、全国に比べるとやや低め。

週2〜4日、1日3〜5時間のアルバイトをしたとして、1ヶ月のアルバイト代は20,000円〜60,000円程になる場合が多いようです。

学生の本分は勉強ですので、バイトばかりになるのはNG!学校のカリキュラムによっては自由な時間も少なく、思うようにアルバイトができない場合もあります。

子供への仕送りはいくらくらい必要?

一人暮らしをするお子さんへの「仕送り」は、大きな経済的負担になりますね。

仕送り額については、経済力によっても大きく変わるのが実情です。

子供がアルバイトをしたり、奨学金を受けなくても不自由がない程の仕送りが可能な家庭もありますが、それはごく一部。

一般的には、学費を除いて30,000円〜50,000円の仕送りをされている親御さんが多いようです。

また、家賃だけ、あるいは家賃・光熱費だけを親が代理で支払い、他の生活費は奨学金、お小遣いはアルバイトで賄ってもらう、というのも一般的です。

奨学金の活用は?

一人暮らしの学生は、その学費や生活費に奨学金を充てるのも有効です。

私立or国公立などでその給付形態は様々ですが、おおよそ月額20,000円〜50,000円程の奨学金を受けている学生が多いです。

もちろん、借り受けた奨学金は返済が必要になります。卒業後の就職なども考え、検討してくださいね。