札幌市や北海道に支払う税金がインターネットからクレジットカードで支払うことが出来ることは、意外と知られていないようです。

税金をインターネットからクレジットカードで支払うことができれば、便利ですよね!

札幌市やその他市町村など、北海道に暮らす私たちのクレジットカードでの税金納付の対応状況と注意点をまとめてみました!

北海道の市町村別、クレジットカードでの税金納付、対応状況まとめ

北海道・札幌で暮らす私たちの税金について

■北海道の税金はインターネットを使うとクレジットカードで納付することが可能。

普段、私たちが支払っている「税金」。

北海道・札幌で生活している私たちにとっても、支払わなくてはいけない税金は沢山の種類がありますね。

税金は大きく分けると「国税」と「地方税」がありますが、多くの北海道民がネットでクレジットカード支払いができが関心が高いのは、「地方税」の中でも北海道納付する「自動車税」と、お住いの市町村に納付する「軽自動車税」「固定資産税」ですね。

北海道民なら、自動車税はネットでクレジットカード納付が可能!

「自動車税」は北海道に納付する税金。

北海道は自動車税の納付にYahoo!の公金支払いに対応していますので、道民の皆さんなら誰でも簡単にパソコンやスマホから自動車税を納付することができますよ!

自動車税をネットで納付してみた!

■自動車税納税通知書は毎年5月中旬頃に届く

毎年、5月の中旬頃になるとポストに投函されている「自動車税納税通知書」

封筒の目立つ場所にご丁寧にも、「簡単で便利!パソコンやスマートフォンを利用して専用サイトからクレジットカード納税ができます。」と書かれていますね!今年はインターネットでのクレジットカード納付にチャレンジしてみました!

専用サイトにアクセスしよう!

早速、納税の専用サイトにアクセス!

封筒のQRコードを読み取ると、Yahoo!公金支払いのページにアクセスできます。

案内通り、納付通知書を準備し、手数料を確認します。クレジットカード支払いには1件あたり324円手数料がかかります。注意事項を確認し、次の画面に進みましょう。

納付番号と確認番号の入力
■インターネットでの手続きには赤丸内の「納付番号」と「確認番号」が必要になります。

すると、画面に「納付番号」と「確認番号を」入力する画面が出てきますので、自動車税納税通知書に書かれている番号を入力します。

支払い金額を確認、分割もOK

次に、クレジットカード番号の入力、支払い方法の確認がありますので入力します。

自動車税は分割で・・・という方も、画面上で分割回数を選択できますよ(分割回数はクレジットカードによっても異なります)。

画面の指示に従って入力していくと、あっという間に納税が完了!これはカンタンですね!コンビニや銀行・郵便局に行く手間も省けて便利ですよ。

難点は手数料が発生するということ。自動車税は平均すると4万円前後の方が多いようですが、クレジットカードのポイントが1%還元とすると、400円分のポイントなので手数料324円を差し引くと、おトクなのはわずか。還元率5%のカードだとマイナスになってしまいますね。エアラインのマイルを貯めている方は、1マイル3円分ほどの価値があると言われていますので良いかもしれませんね!

札幌市なら軽自動車税・住民税・固定資産税もOK!

■軽自動車やバイクは軽自動車税として市町村に納める税金。ネットでのクレジットカード納付の対応状況は市町村によって異なるのでチェックしてみて。

自動車税の他にも、札幌市では「軽自動車税」や「固定資産税」の納付にも対応しています。

納付の方法は自動車税とほぼ同じ。専用サイトの案内に従って進むとカンタンに納めることができますよ。札幌市以外でも、インターネットでのクレジットカード納付に対応している市町村が多くあります。以下の表にまとめましたので、ぜひ確認してみてくださいね。

市町村別のネットでのクレジットカード納付、対応状況まとめ

北海道の市町村別に、インターネットでのクレジットカード納付の対応状況について表の通りまとめてみました。

「住民税」「固定資産税」「軽自動車税」は市町村ごとにクレジットカードでの納付の対応状況が異なりますので、注意してくださいね。また、住民税についてはお給料から天引きされていない普通徴収の方に限られます。

道税の「自動車税」についてはクレジットカードでの納付に対応していますので、道内すべての市町村でクレジットカードでの納付が可能ですね。

詳細は以下の表の通りとなりますので、お住まいの市町村を確認してみてください。

札幌や札幌近辺の市町村では比較的クレジットカードでの納付に対応している市町村が多いようです。また、地方の市町村でも対応しているところもありますね。

クレジットカードでの納税は平成29年度あたりから増えているようなので、今はまだ対応していない市町村も今後対応するようになることもありそうです。

また、クレジットカードでの納税に対応しているところは国民健康保険料(自治体によっては国民健康保険税)の支払いもクレジットカードに対応している場合が多いようです。

市町村 住民税/固定資産税 軽自動車税 自動車税
札幌市
旭川市 × ×
函館市 × ×
釧路市 × ×
苫小牧市 × ×
帯広市 × ×
小樽市
北見市 × ×
江別市 × ×  ◯
室蘭市 × ×
千歳市
岩見沢市 × ×
恵庭市
北広島市 × ×
石狩市 × ×
登別市 × ×
北斗市 × ×
名寄市
根室市
紋別市
富良野市
新ひだか町
余市町
倶知安町
弟子屈町
鷹栖町  ◯
浦幌町

(※平成31年度現在)

クレジットカードが使えない市町村でもクレジットカード納付をする裏技?!

住んでいる市町村がクレジットカードに対応してないけど、どうしてもクレジットカードで納付したい!という方にも裏技?があるようです。

多くの市町村の場合、コンビニエンスストアでの収納代行に対応していますので、コンビニエンスストアで電子マネーを利用して支払うという方法です。電子マネーにも沢山の種類がありますが、税金納付に対応してる電子マネーはnanacoとWAONのみ。

nanacoはセブンイレブンで利用できる電子マネーとしてお馴染みですね。nanacoはクレジットカードからのチャージが可能なので、クレジットカードでnanacoにチャージしてセブンイレブンのレジでnanacoで支払えば、間接的にではありますがクレジットカードでの納付も可能です。

ただし、この場合はnanacoへチャージする時のポイントは付与されないクレジットカードが場合が多いようなので、ポイント目的にクレジットカードで納付したい方は注意が必要です。

WAONはイオン系のスーパーで利用されている電子マネーです。最近ではWAONを利用できるコンビニも多いのですが、WAONで税金を納付できるコンビニはミニストップのみ。残念ながら北海道にはミニストップがありませんので、WAONで税金を支払うのは難しいようです。

<コラム>私たちが支払っている税金の種類

普段、私たちが支払っている「税金」

北海道・札幌で生活している私たちにとっても、支払わなくてはいけない税金は沢山の種類がありますね。

税金は、その納付先(国・北海道・市町村)によって、大きく3つに分けることができます。

「所得税」は会社勤めのサラリーマンやパートタイムでお仕事をしている人はお給料から天引きで納付しているので、毎月の給与明細を見ると確認することができますね。所得税は、国に納める税金です。

「住民税」は「道民税」と「市町村民税」に分かれています。それぞれ、北海道と市町村に納付する税金ですが、納付先は各市町村です。通常は会社勤めの方は所得税同様、お給料から天引き(特別徴収)されていますね。

ただし、お仕事を辞めた翌年は前年分のお給料に応じた税額を自分で納付する必要があります(普通徴収)。また、転職をされた方は転職先の会社で手続きをすると引き続き天引きの特別徴収が出来ますが、しばらく期間があいて転職される方など、自分で支払わなくてはいけない場合もあります。

「自動車税」は、自動車を所有している方なら誰でも自分で支払わなくてはいけない税金ですね。自動車税と一口に言っても軽自動車やバイクなどは「軽自動車税」となり、「自動車税」とは納付先が異なります。自動車税は北海道に、軽自動車税は各市町村に支払う税金になります。例えば、札幌に住んでいる方の場合だと自動車税は北海道に、軽自動車税は札幌市に支払うことになります。

「固定資産税」は、持ち家の方などが支払う税金です。これは各市町村に支払う税金になります。