北海道旅行で多くの方が降り立つ「新千歳空港」

空港から先の旅の計画はそれぞれですが、まずは「札幌」に向かう、という方も多いですよね。

新千歳空港がある千歳市と札幌市は50kmほど離れていて移動手段も様々。もし、車(レンタカー)で行くならどのルートが良いのでしょうか?

新千歳空港→札幌へ車で移動するならどのルート?

一般道 or 高速道路?

新千歳空港から札幌に行く移動方法は、空港直結駅があるJRや高速バス(リムジンバス)など様々ですが、観光旅行でも多くの方が利用するのが車(レンタカー)ですね。

ここでは、車で新千歳空港から札幌に行く場合のルートや所要時間について、一般道と高速道路の場合それぞれを解説します。

① 一般道の場合
■一般道で札幌に行くなら、国道36号線を使うと便利です

新千歳空港から札幌まで一般道で向かうなら「国道36号線」を使うのがベスト。

道のりは約43km, 所要時間は1時間半ほどです。

国道36号線(サブロク)は北海道の主要な幹線道路のひとつで、札幌の中心部までつながっていますので、迷うことなく札幌まで辿り着けるはず。

途中で寄り道したり、ゆっくり札幌へ向かいたい方にはおすすめ。

でも、札幌市内の区間はお盆時期や大型連休、時間帯によって渋滞が発生しやすいので、思った以上に時間がかかってしまうこともあります。特に、札幌から新千歳空港への帰路の際は注意が必要です。

② 高速道路の場合
■新千歳空港から札幌まで高速の道央自動車道ならあっという間!

新千歳空港から札幌まで高速道路で向かうなら「道央自動車道」を利用するのが便利。

道のりは約52km, 所要時間は1時間ほど。高速料金は最寄りの「千歳IC」から中心部に最寄りの「札幌南IC」まで利用したとして910円(平日・普通車)です。

札幌市内の観光スポットへ寄り道をしたい場合にも高速道路は便利で、目的地の最寄りのICで降りるのがおすすめ!

例えば『羊ヶ丘展望台』なら「北広島IC」、『白い恋人パーク』なら「新川IC」が最寄りです。

なにより、高速道路なら時間帯によって渋滞が多い一般道よりもスムーズで安全に目的地まで到着することができるので、旅行には最適ですね。

<おすすめ!>ちょっぴり遠回り北海道の魅力にたっぷりドライブルート

もし、北海道観光で新千歳空港から札幌までレンタカーで移動するなら、札幌まで直行するのではなく、寄り道しながらドライブを楽しむのがおすすめ!

せっかくなら、北海道らしい壮大な風景や、美味しいグルメやスイーツを味わいながら札幌に向かうのはいかがですか?

支笏湖で大自然のパノラマを堪能!

■こんなパノラマの大絶景も新千歳空港からすぐ!札幌に行く前に立ち寄りたいですね

新千歳空港から支笏湖を経由して札幌へ向かうと、北海道の大自然をたっぷり楽しむドライブができますよ!

千歳市街から道道16号線「支笏湖公園線」で支笏湖方面へ約25km,およそ30分ほどで、日本でも屈指の透明度を誇る『支笏湖』に到着。

湖畔の「支笏湖温泉街」はホテルや飲食・お土産品店が並ぶ観光地。グラスボートなど観光船もここから出ています。

温泉街を出て札幌方面へ湖畔沿いのドライブも爽快!少し進んだところに「ポロピナイ」の砂浜の湖畔があって、ここからも絶景を楽しめるのでぜひ立ち寄ってみて。

支笏湖から札幌中心部までは約50km,1時間ほどです。

おすすめ寄り道スポット『支笏湖ビジターセンター』

湖畔にあるビジターセンターでは、噴火を繰り返しながら形成されてきたカルデラ湖である支笏湖の成り立ちや、そこに住む動植物たちについて学べるパネルや剥製が展示されています。

入館は無料。

全国でも屈指の透明度を誇る支笏湖ですが、ビジターセンター近くにある赤い鉄橋の「山線鉄橋」周辺は特に透明度が高く、まさに絶景。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

千歳市支笏湖温泉 支笏湖ビジターセンター
  1. 営業時間 : 9:00 - 17:30(4月~11月)
    9:30 - 16:30(12月~3月)
  2. 住所 : 千歳市支笏湖温泉 支笏湖ビジターセンター
  3. TEL : 0123-25-2404
  4. 駐車場:あり(普通車1日500円)※千歳市支笏湖温泉駐車場
    休館:年末年始、12月~3月は火曜日(祝日の場合は翌日)

長沼・由仁で牧歌的な風景の中をドライブ!

■北海道らしい牧歌的な風景が広がる長沼町・由仁町の周辺

新千歳空港から「長沼・由仁」を経由して札幌へ向かうと、北海道の美味しいグルメや新鮮な農産物、スイーツを味わうことができますよ!

おすすめのルートは国道337号線にそって進むのがスムーズです。

長沼や由仁は農畜産業が盛んな町で、北海道らしい田畑や丘など牧歌的な景色が広がる中のドライブを楽しむことができます。

この辺りには地元民にも人気のファームレストランやカフェやアイスなどスイーツ店も多く点在していますので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

おすすめ寄り道スポット『道の駅 マオイの丘公園』

新千歳空港の周辺から国道337号線で長沼方面に進むと、道の駅・マオイの丘公園に着きます。

ここは札幌近郊の道の駅でも特に人気の場所で、地元の農家さんが育てた野菜や果物が並ぶ直売所があったり、地元食材をつかったレストランもあります。

屋上展望台からは地平線まで続く石狩平野と丘陵の北海道らしい景色を楽しむことができて、ここからの夕日も絶景です。

夕張郡長沼町東10線南7番地
  1. 営業時間 : 9:00 - 18:00(4月~11月)
    9:00 - 17:00(12月~3月)
  2. 住所 : 夕張郡長沼町東10線南7番地
  3. TEL : 0123-84-2120
  4. 定休日:年末年始(12/31~1/3)