札幌市街と広大な石狩平野の大パノラマや日本新三大夜景にも選ばれた札幌の夜景を楽しめる、藻岩山山頂展望台。

山頂に行くケーブルカーに乗車する中腹駅までは、ロープウェイか自動車のどちらで行くのが良いか比較してみました!

札幌観光で見逃せない!藻岩山の山頂展望台に行こう!

「もいわ山 山頂展望台」とは?

■山頂の展望台からは札幌の街並みを大パノラマで一望!

札幌市街と石狩湾・石狩平野を見渡す標高531mの藻岩(もいわ)山の山頂にある「もいわ山 山頂展望台」

山頂の展望台へはロープウェイか車で中腹駅まで行き、そこからケーブルカーで約2分です。

札幌市南区藻岩山1 もいわ山頂展望台
  1. 営業時間 :  
    10:30 - 22:00(4月〜11月)
    11:00 - 22:00(12月〜3月)
  2. 住所 : 札幌市南区藻岩山1 もいわ山頂展望台
  3.  
⑴ ロープウェイ+ケーブルカーで行く場合
■藻岩山のふもとにあるロープウェイの「山麓駅」ここから中腹駅まで約5分!

藻岩山のふもとにある「山麓駅」からロープウェイで「中腹駅」までは約5分。そこから『もーりすカー』というケーブルカーに乗り換えて展望台がある「山頂駅」までは約2分。

ロープウェイからは標高が上がるにつれてどんどん開けていくパノラマの絶景を楽しんで。

山麓駅までは最寄りの路面電車(市電)「ロープウェイ入口駅」から600mほどで徒歩7〜8分ですが、無料のシャトルバスも15分間隔で運行されていますよ。

⑵ 車+ケーブルカーで行く場合
■藻岩山の中腹駅まで車で行くことができる「藻岩山観光自動車道」

「藻岩山観光自動車道」からは、自動車でロープウェイの「中腹駅」へ行くこともできます。

天然記念物にも指定される藻岩山の大自然、緑のトンネルを走り抜けると、約3.5km、およそ10分で中腹駅に到着します。

中腹駅の駐車場に車を停め、山頂へはケーブルカーの『もーりすカー』で向かいましょう。

山頂に行くならロープウェイ or 車、どっちがおすすめ?

料金はどちらがおトク?

山麓⇄中腹 中腹⇄山頂
(もーりすカー)
備考
ロープウェイ 1,200円(600円)/1人※1 600円(300円)/1人※1 山麓⇄山頂の場合、セット割引1,700円(800円)/1人あり※2
自動車(一般乗用車) 1,200円/1台

※1.大人1名往復料金(カッコ内は小学生以下の小人)すべて税込

藻岩山の山頂へは、ロープウェイもしくは車で中腹駅まで行き、山頂へはケーブルカーに乗り換える必要があります。

それぞれの場合で料金を比較してみましたので、参考にしてくださいね!

2人以上で行くなら『車+ケーブルカー』がおトク!
■藻岩山の中腹駅までは車で1,200円。2人以上のグループなら車がおトク

2人以上で藻岩山の山頂展望台に行くなら、料金的には『車+ケーブルカー』の方がおトク!

中腹駅まで向かう藻岩山観光自動車道は往復の通行料が1,200円ですので、中腹駅から山頂までのケーブルカーのチケットを購入してもロープウェイよりも割安になります。

もし観光でレンタカーを利用しているなら車で向かうのもありですね!

ただし、冬期にはこの観光自動車道は通行止めとなり利用できませんので注意してください。

『ロープウェイ&ケーブルカー』はおトクな割チケがあるかも!
■ロープウェイ+ケーブルカーで山頂に行くならお得なセット割引かクーポンを持って行こう!

ロープウェイとケーブルカーで山頂に行く場合、セットのチケットが割引で1,700円の割引になります。

また、中腹駅に向かう路面電車内には1,500円になる割引チケットが置かれている場合がありますので、見つけたらゲット!

観光ガイドブックや宿泊先のホテルにもおトクなクーポンがある場合もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

藻岩山から札幌の夜景を見るなら?

■札幌の夜景を見るなら藻岩山山頂展望台がおすすめ!

藻岩山山頂からの景色は日中の大パノラマも魅力的ですが、日本新三大夜景に数えられる札幌の夜景を見るにも大人気のスポット!

夜景を見るなら、21:50が下り最終のケーブルカーですので、遅くても21時前後には中腹駅に着く位の余裕を持ったスケジュールで向かうのがおススメですよ。